CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

縄文の女神LIVE
・・・自然の創造力が満ちる毎月満月の日OPEN。  美咲(レギュラー)×素敵なゲストのライブのほか、 縄文ミニトーク、縄文風 フード・ドリンクの特別メニューもお楽しみいただけます。
LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • 縄文の女神LIVE#009 サウススイングオーケストラ×美咲 ご報告!
    美咲 (11/19)
  • 縄文の女神LIVE#009 サウススイングオーケストラ×美咲 ご報告!
    AKI (11/17)
  • 縄文の女神LIVE#008 諏訪雅楽会×美咲 ご報告☆
    P太郎 (10/29)
  • 12月13日(土)♯010  石田桃子×美咲 決定!
    AKI (10/28)
  • 縄文の女神LIVE#008 諏訪雅楽会×美咲 ご報告☆
    寒鰤庵 (10/18)
  • 縄文の女神LIVE#007 ライスデイエルバ×美咲、ご報告!
    美咲 (10/12)
  • 縄文の女神LIVE#007 ライスデイエルバ×美咲、ご報告!
    凛 (09/18)
  • 縄文の女神LIVE#005 レイアロハ八ヶ岳×美咲 ご報告!
    AKI (07/27)
  • 縄文の女神LIVE#005 レイアロハ八ヶ岳×美咲 ご報告!
    Quark (07/25)
  • 7月18日(金)♯005はハワイアンダンスチーム レイアロハ 八ヶ岳の登場です。
    AKI (06/28)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 11月13日(木)  サウススイングオーケストラ登場です。 | main | 12月13日(土)♯010  石田桃子×美咲 決定! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
縄文の女神LIVE#008 諏訪雅楽会×美咲 ご報告☆

金色に輝く満月の光が美しく差し込んでくる
10月15日(水)。縄文の女神LIVE#008が開催されました。

この日のかえでの樹。時空を超えたステキな時間がありました。
ゲストの諏訪雅楽会のみなさんの雅楽の演奏は、
美しい満月を愛でる、ひとりひとりの奥深くにある日本人としての
自然観・心を思い出させてくれたように思います。

それでは報告記、ごらんください☆
──────────────────────────

         満月の日。エコで平和なJOMONの扉を開きましょう・・・。
 【2008年10/15(水)縄文の女神LIVE(毎満月開催)♯008諏訪雅楽会×美咲 】
          
□出演 諏訪雅楽会、美咲
□2008年10月15日(水) 
□18:30 OPEN 19:00START (21:30 終了予定)
□参加費 ¥2,000(毎満月開催:初回料金)
※参加者全員(初回)に進呈する「黒耀石お守り」 をお持ちの方は
   二回目以降、リピーター料金¥1,500でご入場いただけます。
 ※フード・ドリンクは別途。各自自由にご注文ください。
□会場 レストラン「キッチンストーブかえでの樹」
〒391-0216 長野県茅野市米沢埴原田298
(マックスバリュー茅野店の裏側) TEL&FAX0266-73-7703

──────────────────────────

◆18:30  縄文の女神LIVE#008オープン

今回も満員御礼!ありがとうございました。
かえでの樹店内にあるキッチンストーブも、たくさんの人に逢えて
喜んでいるように見えました。

毎月満月の日に行っている縄文の女神LIVE。
きっとはるか数千年前の縄文時代も、自然のリズムに合わせた
満月の日には、楽しいお祭りをしていたんじゃないかな、そこでは、
宇宙のリズム、大地のリズムに根ざしたステキな音楽が奏でられて
いたんじゃないかなと思います。縄文王国とよばれるほど多くの縄文遺跡が
発掘されている茅野で、そんなお祭りを今によみがえらせれたらいいな
縄文時代のように平和で楽しいひと時をみなさんと分かち合いたいな
ということから縄文の女神LIVEは始まりました。

縄文の女神LIVEの参加費収益の一部は、信州八ヶ岳〜霧ケ峰一帯の
黒耀石産地と、旧石器縄文時代の遺跡を世界遺産にしよう!という夢を
かなえるための信州黒耀石原産地帯・旧石器・縄文遺跡世界遺産運動
基金に当てさせていただいています。

10憶年後の未来からやってきたと言われているピンク熊のP太郎も、
いい席を陣取って鑑賞です。

◆初めての方、全員に“黒耀石お守り”プレゼント

縄文時代、生活の糧(ナイフ、矢じりなど)であり、平和のシンボル
(社会的役割を担った)とても大切にされてきた黒耀石でできたお守りを、
縄文の女神LIVEに初めてきてくださったみなさん全員にプレゼントさせて
いただいています。この黒耀石お守りは、2回目以降のディスカウントパス
にもなります。初回は2000円のところ、黒耀石お守りを受付で見せて
もらえれば1500円でご入場いただけます☆

黒耀石お守りにイニシャルを刻んで、お渡しします。
この石で再び、縄文ネットワークがよみがえったら素敵だなと思います。
また、黒耀石は強力な魔除けとしても知られています。みなさんに幸あれ♪

<パワーストーン・黒耀石>
逆境を乗り越え、強い精神を身につけるために役立つ石です。
アルコール依存や喫煙の習慣を絶ち切りたい時にも効果を発揮すると
いわれています。雑念を振り払い、集中力を増す効果もあるため、
勉強面でも効果のある石です。
多くの可能性を秘めながら、未知なる進化を持ち、将来的にはより
精神性の高い石となり、パワーを高めていくといわれています。
この石に潜在する可能性は、身に付ける人の中に眠っている
新しい才能を開花させてくれます。目標に向かっていく力を
与えてくれます。外部からのストレスを受けている時に援助のちからを与え、
肉体的には、高血圧・不整脈・免疫力を高めるといわれています。
新しいことを始めようとしているときこの石は道しるべをしてくれると
いわれています。集中力の低下している人、感情の起伏が激しい人など
に効果的で、心身のバランスをとるのに適しています。


◆縄文の女神LIVEグッズ

毎回、グッズを販売しています。今一押しなのは、
『縄文の女神LIVEオリジナルマイ箸』800円です。
諏訪発信の世界企業・EPSONの労働組合さんのご協力で実現しました。
木曽の間伐材のお箸、二ート・引きこもりくん、カンボジアの母子が
つくった箸袋、授産施設で梱包、ということなのでこの一本を買うだけで、
社会貢献になる笑顔のかけ箸・・・ステキなマイ箸です。


◆美咲ライブ

満月が本当に美しかったので、月の曲も数曲歌わせていただきました。

セットリスト
1 私の森の風
2 月灯り
3 満月
4 石の記憶
5 郷愁の空
6 おかえりなさい

「郷愁の空」。空も海も土も山も人もなにもかもが
とけあっていく本当の故郷の「空」を、私たちひとりひとり誰もが
心深くにもっているんだと思います。そのふるさとに帰っていこう
自然・宇宙のリズムに帰っていこう、とけあっていこう。
縄文の女神LIVEで来てくださったみなさんと毎回分かち合いたい
価値あることだなぁと感じました。



◆恒例の縄文の女神LIVEセッション

いっしょに縄文の女神LIVEを創っている
ジャンベ Panchan、ディジュリデュ 一平さん、来てくださったみなさん
と全員でセッションタイムです。今回のセッションもこの日でしか生まれない
ステキなリズムと音がかえでの樹に響きました。



◆休憩時間・鹿肉のローストビーフ振舞い!

15分の休憩の中で、かえでの樹&カナディアンファームのオーナーはせやんから
なんと!“シカ肉”のローストビーフが振る舞われました。
食べてみたら、鹿のくさみがなくって、やわらかくっておいしい!
びっくりしました。実はこの鹿肉は、美咲のマネージャ&縄文の女神LIVE音響
を担当している篠原さんのお父さんが捕ってきたものでした。獲った時の
処理で肉の味は大きく左右されるんだそうです。ホント、八ヶ岳のふもとには
今も縄文のようなくらしをしている人がいっぱいいておもろいです☆


◆縄文ミニトーク

もへっちこと、大竹幸恵さん(星くずの里・たかやま黒耀石体験ミュージアム学芸員)から今回も縄文時代のミニトークをいただきました。
もへっちさんは、毎回の縄文の女神LIVEにあるテーマにあった縄文のお話を
してくださるので、ググ〜っといつも聴く人をお話に引き込んでくださいます。
今回は、まず11月9日もへっちさんのご協力で、全国の考古学者が集まる会で
美咲が歌を歌わせていただけることになったのですが、その壮行会をしてください
ました。(ありがとうございました!がんばります☆)
そして、自然のリズム、天体のリズムに合わせた生活が縄文時代には
あったということで縄文時代の祭事を教えていただきました。
赤ちゃんが生まれてた時、縄文土器の底をくりだして出産時にでるお母さんの胎盤
を土器のそっこでふたをして家の底に埋めていたことや、
成人になった時、近親・親族と結婚しないようにするため歯をぬいて
認識できるようにしていたことや、
死んだ時、妊娠でふくらんだお母さんをかたどった土偶を割って、
再び生まれてきますように再生の祈りをしていたことなどを教えてくれました。
どの祭りごとも、とても興味深かったです。
縄文時代からあった「和箏(わごん)」という楽器のこと、などを教えてくれました。
そして、もへっち、この10月15日がジャスト誕生日だそうです!おめでとう〜☆ささやかながらみんなでハッピーバースデーを歌ってお祝いしました。


◆諏訪雅楽会

1985年6月に結成。信州諏訪地方を中心に年齢層は30〜60代の
雅楽愛好家が集う。諏訪における文化・芸能の伝承を軸に、
宮内庁式部職楽部の先生の下で毎年学んでいる。
県内では松本城400年祭、長野オリンピック文化ボランティア、
諏訪市博物館雛祭り演奏会での活動の他、少年刑務所での慰問演奏
や中学校においても演奏指導している。またカナダ、トルコ、イタリア、
フランス、チェコなど海外公演も数多い。
“静かなブームを引起していると言われる「雅楽」ですが、諏訪においても
身近に存在することを肌で感じて頂ければ幸いです。”とのことでした。
満月の夜にぴったりの美しい調べでした。

左から 龍笛(りゅうてき)・川上とくおさん
真ん中 篳篥(しちりき)・浜しょうぞうさん
右   笙(しょう)・上條しんいちさん
この三つの楽器はそれぞれに龍笛が空を舞う「龍の鳴き声」を表し、
笙が「天から差しこむ光」を、篳篥が「人の声」をあらわしているらしいです。


雅楽の曲は龍笛からはじまる曲が多くまさに龍の鳴き声のようでした。
三つの楽器のアンサンブルが絶妙で素晴らしく
音色も、深く体にしみこんでくるようでした。
眼をつむって聴いている方が多かったです。ひとりひとり奥深くにある
日本人としての自然観・“和”の心を思い起こさせてくれるような、
すばらしい演奏でした。
雅楽のスタンダードナンバー「越天楽(えてんらく)」ほか、
昔から伝わる曲と、私たちも知っている「さくらさくら」「荒城の月」なども
織り交ぜながらのコンサートでした。

一番最後、諏訪雅楽会×美咲ということで、「越天楽(えてんらく)」の旋律に
私が歌詞をつけて、いっしょに演奏しました。今日に向けて何度か一緒に練習
させていただきましたが、本番が一番良かったなと思います。
古と今がつながった気がしました。

今回は笙(しょう)・上條しんいちさんのおかげけさまで
諏訪雅楽会さんとの共演が実現しました。
素晴らしい演奏を聴かせていただいた諏訪雅楽会の
川上とくおさん(龍笛)・浜しょうぞうさん(篳篥)
上條しんいちさん(笙)、本当にありがとうございました!


●かえでの樹・ほっさん、その場でTシャツを書きあげる

かえでの樹のスタッフさんであり、文字職人でもあるほっさんが
オリジナルTシャツをその場で書き上げてくださいました。さっそく長野市から
いらしていたなるさんさんが買ってくださいました。このTシャツの売り上げも
ほっさんの気持ちから、信州黒耀石産地・旧石器縄文遺跡世界遺産運動の基金に
回させていただきました。ありがとうございました★


●記念撮影

諏訪雅楽会、大竹もへさん、縄文の女神LIVEスタッフさん、
おこしくださったみなさん、最後に記念撮影大会〜!

縄文の女神LIVE、今回も各県を越えて各地からお集まりいただき感謝感謝でした。
飛騨高山から来られたみなさん、京都にお住まいの方、
大阪から今年引っ越してこられた方、長野県内でも野沢温泉、長野市
松本市、諏訪、伊那、そして地元茅野の方。いろんなところから
満月の日にかえでの樹にあつまって一緒に時間を分かち合うというのは、
ホントすてきで、すばらしいなぁと思います。
またここでお会いできることを楽しみにしています。
合言葉は『満月の夜、かえでの樹で』ですね。
本当に、ホントに、ありがとうございました!!


***********************************

【縄文の女神LIVE #008 諏訪雅楽会×美咲 】

出演・ 諏訪雅楽会、美咲
縄文ミニトーク・大竹幸恵さん(黒耀石体験ミュージアム)
セッションタイム・ジャンベ Panchan、塩ビ管ディジュリデュ 一平くん
お越しくださったすべてのみなさま

スタッフ・
Panchan(受付案内)かえでの樹スタッフのみなさん
直樹くん(黒耀石イニシャル刻印係) AKIくん(写真記録係)
ほっさん(Tシャツペイント)美咲(進行係) 篠原(音響)

スペシャルサンクス
今回も“Oky”を提供くださった大将さん、
お越しくださったみなさま、ありがとうございました!

***********************************

■みなさんの報告、レポート♪

○寒鰤庵さんのブログ⇒http://plaza.rakuten.co.jp/etecho/diary/200810160000/

○AKIさんの報告記⇒http://momentary-scenery.aki.gs/eco/kougousei/houkoku/08/zyoumon/081015/081015.html

○毎月の満月を写真で記録します。満月の軌跡⇒http://momentary-scenery.aki.gs/eco/kougousei/houkoku/08/zyoumon/fullmoon_f/moon.html

○縄文の女神LIVE写真館⇒http://momentary-scenery.aki.gs/eco/kougousei/houkoku/08/zyoumon/Gallery/No1/index.html

もし、縄文の女神LIVEにお越しくださった皆さまで、ブログなどに
感想を書いてくださった方いらっしゃいましたら、お知らせください。
こちらにアップさせていただきます☆

***********************************

◆次回予告
kj
毎月満月は、『縄文の女神LIVE』”!
次回、『縄文の女神LIVE ♯009 』は、11月13日(木)18:30オープンです。
ゲストはジャズビックバンド・サウススイングオーケストラです。
かえでの樹でまじかに大迫力のジャズビックバンドの演奏に触れられるチャンス。
熱い満月の夜になりそうです。ぜひご期待ください♪
詳細はhttp://jomon-live.jugem.jp/?eid=32

それではまた、満月にお会いしましょう!
| 縄文の女神LIVE報告 | 21:50 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:50 | - | - |
コメント
簡単ではありますが、紹介と報告を掲載させていただきました。

http://plaza.rakuten.co.jp/etecho/diary/200810160000/

今後とも宜しくお願いします。
| 寒鰤庵 | 2008/10/18 1:22 PM |
寒鰤庵さん、ありがとう!
| P太郎 | 2008/10/29 6:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jomon-live.jugem.jp/trackback/35
トラックバック
おや、ご存じないのですか?彼女こそが
縄文の女神、美咲なのですよ。美咲オフィシャルサイト(http://misakix.jp/ )信州・茅野市ビーナスライン沿いのカフェレストラン「キッチンストーブかえでの樹」http://misakix.jp/jomonlive-kaedenoki.htm毎月満月の日に行なわれる縄文の女神LIVE。10月は昨日
| 寒鰤庵の備忘録 | 2008/10/17 12:23 PM |